<   2005年 02月 ( 36 )   > この月の画像一覧

生協1回目 6568円

■紙のカタログ商品のご注文内容
・102:産直たまご(白玉) 10個
  [1×238円=238円]

・104:こんせん72牛乳 1000ml
  [1×197円=197円]

・【値引き】新規加入者特典(注文番号104の分)
  [△20円]

・119:きゅうり 4本
  [1×200円=200円]

・120:さつまいも 800g
  [1×200円=200円]

・122:ザク切りいちご 7g×5食
  [1×200円=200円]

・128:スライスチーズ 10枚(180g)*2
  [1×300円=300円]

・133:さば文化干 2枚340g
  [1×300円=300円]

・135:豚ひき肉 300g
  [1×300円=300円]

・204:豚モモスライス(冷凍分包) 400g
  [1×500円=500円]

・211:ヨーグルトe 90g×6
  [1×197円=197円]

・236:プチメロンパン 12個240g
  [1×312円=312円]

・339:エコ・ほうれん草 1束
  [1×155円=155円]

・347:青森県産わらび水煮 200g
  [1×241円=241円]

・409:長なす 3本
  [1×189円=189円]

・413:人参 800g
  [1×189円=189円]

・519:めかじき香草ソテー 5切150g
  [1×298円=298円]

・545:米沢郷鶏皮なしモモ肉 240g
  [1×399円=399円]

・630:こだわり酵母食パン 1.5斤
  [1×262円=262円]

・745:やわらか穂先のグリーンアスパラ 250g
  [1×312円=312円]

・814:ライトツナフレーク缶ノンオイル 85g×3
  [1×299円=299円]

・111082:山うど 1本
  [1×198円=198円]

・122505:かれいの切身(皮なし・骨ぬき) 8切240g
  [1×399円=399円]

・122513:ふっくらしらす干し 25g×3
  [1×298円=298円]

・122629:鶏ささみフレーク缶 80g×3
  [1×300円=300円]


  商品案内発行料:105円


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 →今週のご注文合計金額:6,568円(合計24点)(うち消費税相当額:312円)
───────────────────────────────────
 ・利用ポイント:12ポイント(6ポイント×2倍)
  *対象商品合計=6,463(←に対し1000円当たり1ポイント)
───────────────────────────────────
[PR]
by paapfunky | 2005-02-28 22:27 | 家計簿

塩鯖・高野豆腐・山芋のお焼き・温泉卵・胡瓜もみ・味噌汁

c0037252_21253919.jpg

体調いまひとつやから適当にしよと思ってたら、だんなさんの帰りが遅いので
暇つぶしに品数増やした結果、いつもより多くなってしまった。
落ち着いた味の和食が食べたくて、のろのろ丁寧に作ったから美味しかった。

・塩鯖
生協のを焼いた。身がふっくらしてて、スーパーとかで買うのより断然美味しかった。
だんなさんもかなり喜んでた。

・高野豆腐
昨日のふき煮が味が濃くて残ってたので、みりんと水を足して高野豆腐と
干し椎茸と一緒に再度コトコト煮直し。ちょうどいい味になった。

・山芋のお焼き
お母さんから頂いた山芋。すりおろして、桜海老、ネギ小口切りと混ぜ、
フライパンで薄く両面焼き、醤油を片面に塗って焦がして香りをつける。
好みでかつおやマヨネーズ添える。

・温泉卵
お母さんから前頂いた温泉卵作り器、かなり活躍してる。薄いだし醤油のつゆで。

・胡瓜もみ
おいしそうな胡瓜だったので、丁寧に作った。
だしもちゃんととって上品な味。栗原はるみの本のレシピ。
二人分
きゅうり1本、塩をふって板ずりし水洗い、小口切りにする。
ふきん(キッチンペーパー)で包んで軽くもみ、一度水洗いしてから水気を絞る。
だし60cc、酢大1弱、砂糖小1~2、塩ひとつまみ、醤油少々をひと煮し、冷ます。
ボールにきゅうり、↑の三杯酢の1/3量をあわせて30分ほど置き、
味をなじませてから三杯酢を捨ててきゅうりの水気を絞る。
残りの2/3の三杯酢ともどしたわかめ、しらすぼしときゅうりをまぜてしょうがを混ぜる。
(本のレシピではきゅうりだけで、しょうがと青シソの千切りを混ぜていた。)


・味噌汁
さつま芋・にんじん・玉葱・フリーズドライのおからが具。
おからと生協の甘いさつま芋のおかげでまあるい味になった。
[PR]
by paapfunky | 2005-02-28 21:42 |

肉じゃがオムレツ・なすのにゅうめん・わかめサラダ・ふきの煮物


c0037252_91213.jpg

作ったはいいけど体調がイマイチであんまり食べれなかった。
お母さんにお皿また頂いた。お米も。なんかもらいまくりの日だ。
気がつくと、うちにあるいいお皿はほとんどお母さんからもらったものになっていた。

・肉じゃがオムレツ
実家でオムレツといえばこれだった。居酒屋さんとかでは和風オムレツとして
メニューにあるやつ。にんじん・たまねぎ・じゃがいも・肉を
小さめに切った肉じゃがを作ってオムレツにする。お芋がとろっとなるくらいまで
わざと煮崩して、卵も中が半焼けくらいの状態がすき。何もかけなくてもおいしい。

・なすのにゅうめん
薄味のだし・醤油・みりん。具はなす・ねぎ・ゆでたそうめん。

・わかめサラダ
もどしたわかめ・キャベツ千切り・しらすぼし・すりゴマをポン酢で。

・ふきの煮物
生協のお惣菜。自分で作るならもうちょっと薄味かなあ。だんだん濃いのが
ほんまにダメになってきた。
[PR]
by paapfunky | 2005-02-27 20:53 |

ぱん。

c0037252_11305019.jpg
c0037252_11121525.jpg

主食に恵まれていて、両方の実家からおいしい焼きたてのパンやお米をよく貰う。
大阪の実家から天然酵母のパンと八朔、八朔ピールが送られてきて早速食べた。
図書館で「粗食のすすめ」っていうシリーズの本をよく借りて読んでるけど、
(粗食を目指しているわけでもないけど、レシピがシンプルでよく使えそうなので)
そこにはパンはおすすめできない。って書いてある。

その理由に、
「食パンをぎゅってまるめたら小さくなる。実はその分くらいしか
でんぷん質を取ることはできないからご飯に比べて栄養価が下がる。
もともとバターが含まれてるのに、焼いたら
またバターやマーガリンをぬるから油のとりすぎにもなる」ってある。

でも母の焼いたこのパンは、ぎゅっとまるめようがないくらいしっかりして弾力があるし、
噛めば噛むほど味がするので何も塗らない方がおいしい。
スーパーに売っている食パンってこれに比べたらほんまふわふわで
お菓子みたいなものなんやなあとおもう。

でも娘は酵母の作り方も酵母って何かもいまだによく分かってないし
まったく焼けないから食べる専門やけど。
[PR]
by paapfunky | 2005-02-27 11:31 | おやつetc.

餃子・海老トースト・キムチ冷奴・青梗菜としめじのかきたま汁

c0037252_20473437.jpg

今日は外出してて遅くなったので、焼くだけの餃子にした。
焼くだけで楽やから副菜も作ることにしたら、
結構なボリュームになってしまっておなかいっぱい。

・生協の餃子
くせがなくておいしかった。大量に焼いた。

・海老トースト

サンドイッチ用のパンを使うと楽。うちは6枚切りを麺棒で薄くし、耳を取って使った。
(耳は細かく切ってトースターでカリカリに焼いてクルトンにし、他の日につかう。)
むき海老を叩いて粗くつぶし、塩こしょう・マヨネーズと和え、パンにのせて
海老の面から油をひいたフライパンで焼き、焼き色がついたら裏返す。

・キムチ冷奴
水切りした豆腐に細かく切ったキムチ・白髪ネギ千切りをのせ、
醤油少々、すりゴマをのせる。

・青梗菜としめじのかきたま汁
明日の朝食用にソーセージを一緒にボイルしてだしをとった。
青梗菜としめじ、玉葱、卵の具で、味つけは鶏がらスープと塩ひとつまみ。
[PR]
by paapfunky | 2005-02-26 20:58 |

あさごはん。パンプリン・バナナヨーグルトあえ

c0037252_10232436.jpg

うちは毎朝パンを食べるけど、だんなさんは休みの日だけ朝ごはんを食べる。
・パンプリン
フライパンを使わないフレンチトースト。
牛乳・卵・砂糖で好みの甘さの液をつくって、1口大に切った食パンをひたしておく。
グラタン皿にバター(マーガリン)を薄くぬり、↑のパンと液を入れ適当にバターを散らす。
シナモンシュガーかけてオーブンで軽く焦げ目がつくまで焼く。
はじめはアルミをかぶせて、後ではずして焼くといい。
好みでハチミツやメープルシロップ、ジャムなどを添える。
[PR]
by paapfunky | 2005-02-26 10:29 | おやつetc.

鯛めし・鯛唐揚・潮汁・揚げだしあんかけ豆腐・キャベツジャガイモ酢味噌和え・なすびもみ

c0037252_20581728.jpg

今日はよく寝て元気なのでちょっとがんばった。
甘鯛2匹まるまる使って鯛づくし。
鯛めしはいつもアラを使ってしてたけど今日は贅沢に一匹使った。

・鯛めし
米2合を洗って分量の水につけておく。昆布をそこに一緒に入れておく。
うろこ・内臓を取った鯛に塩をしてグリルで焼き、炊飯器に入れて
酒・醤油各大1・かつお顆粒だし少々を入れ、炊く。

・鯛の唐揚
骨をとった身に酒・醤油で下味をつけ、小麦粉をつけて揚げる

・鯛の潮汁
鍋に水2.5カップ、昆布を入れておく
頭と中骨に塩をふってざるにのせ、30分~45分おく。
たっぷりの水を沸騰させてさっと茹で、すぐ冷水にとって汚れを洗い落とし、
鍋に入れて強火にかけ、煮立ったら弱火、アクをとりながら15~20分煮る。
昆布を取り、酒、醤油、みりん(ごく少量ずつ)で味をととのえる。

・揚げだし豆腐あんかけ
水切りし切った豆腐に片栗粉をまぶして揚げ、にんじんと干し椎茸を
だし・醤油・みりんで煮、水溶き片栗粉でとろみをつけたあんをかける。

・キャベツとじゃが芋の酢味噌和え
ゆでキャベツの一番好きな食べ方。
薄切りにしたじゃがいもとキャベツをゆで、
砂糖・白味噌・みりん・酢・だし汁・すりごま・マヨネーズを混ぜた
酢味噌をかける。

・なすびもみ
濃い目塩水にさらしてしんなりさせた半月薄切りのなすの水気をしぼり、
しょうがのみじん切りと和え、かつおぶしをのせて醤油を数滴たらす。
[PR]
by paapfunky | 2005-02-25 21:13 |

なすと鰯のオランダ煮・キャベツ胡麻和え・とろろ・味噌汁

c0037252_21173251.jpg

・なすと鰯のオランダ煮
今までした南蛮漬け系のレシピの中で一番おいしかったからちゃんと書いとこう。
いつもは野菜が玉葱とかやけど、これはなすで、油とあうし味がしみてご飯にすごくあう。
今日もhttp://oshaberi.asahi.co.jp/ 
を見てした。細かいレシピが多いけど、材料がそろっててできそうなレシピをみつけたとき
は嬉しくなる。ここのはおいしいのが多い。

(二人分)
しょうが千切り
だし250cc
酢大1.5弱
酒25cc
みりん25cc
醤油大2.5
梅干半分くらい
↑を全部鍋に入れておく

ナスー2本 縦に5ミリ幅に切り込みを入れ、厚さ2センチの輪切りにし、180cで素揚げ
いわしー5匹 頭、内臓をとり手開きにし、塩水でさっと洗ってざるにあげ10分おいたもの
に片栗粉をまぶし、180cで揚げる。
ナスと鰯を、調味料の入った鍋に入れ、中火で5分程煮る。

・キャベツ胡麻和え
さっとゆでたキャベツ・人参の細切りとちくわを
すりごま・練りゴマ・酢・砂糖・醤油・ゴマ油少々で和えた。
にんじんとキャベツの茹で汁にそのまま昆布とかつおを入れてこし
だしとして他の3品に使う。

・玉葱とじゃが芋の味噌汁

・とろろ
お母さんから頂いてた冷凍山芋がまだあった。
卵・だし・白味噌少々・醤油と混ぜ、のりをのせる。
[PR]
by paapfunky | 2005-02-24 21:34 |

ビビンバごはん・キャベツと桜海老のチヂミ・ワカメスープ

c0037252_20434161.jpg

・ビビンバごはん
韓国料理やのに中華カテゴリにしていて韓国の人が見たら怒りそう・・。
ピビンバなのかビビンパなのかビビンバなのか呼び方がバラバラでよく分からない。
今日はちまちま残った野菜をかきあつめた残り物料理やけど、
素材ごとに盛り付けしたら見た目がおいしそうなのでだんなさんはだまされていた。
石焼きではないけど、だんなさんが猫舌なのでちょうどよかった。

・ナムル各種
にんじん さっと茹で、ゴマ油・塩コショウ・すりゴマと和える
もやし   フライパンで空炒りし、ゴマ油・塩コショウ・すりゴマと和える。
小松菜  さっと茹で、醤油・ゴマ油・すりゴマと和える。
※本当はすりおろしにんにくも一緒に和えるけど妊娠してから生にんにくが
苦手になってしまったので、だんなさんのだけ後からガーリックチップを添えた。

キムチ  適当な大きさに切る
挽肉   すりおろしにんにく・醤油・酒・砂糖で味付け。ぽろぽろに炒める。
卵     半熟の目玉焼きを焼く
海苔   適当な大きさにちぎる

材料を全部炊きたてご飯の上にのせる。
ご飯は混ぜご飯のとき昆布を入れて炊くようにしている。
味が具と馴染みやすいような気がするので。
好みでコチュジャンソース(下記チヂミのソースと同じもの)を添える。

・キャベツと桜海老のチヂミ

http://www.nhk.or.jp/kofu/recipe14_07.html
を参考にした。ソースは適当。

ボールに卵を溶き、小麦粉を適当にふるい入れ水を足し、
千切りして塩もみし水気をしぼったキャベツと桜海老、塩コショウを入れ
さっくりと練らないように混ぜ、ゴマ油を熱したフライパンに
薄く生地をのばして両面焼く。

・ソース
コチュジャン・赤みそ・酢・ゴマ油・砂糖・みりん・酒・すりゴマを適量ずつ混ぜたもの。
けっこう美味しいソースになった。
[PR]
by paapfunky | 2005-02-23 21:03 |

明太子パスタ・ソーセージと野菜のココット・ゆで豆腐のサラダ

c0037252_20581165.jpg

・明太子パスタ
生協の明太子は不自然に赤くなくて味もおいしかった。
シーフードミックスの残りと明太子・マーガリン・茹で汁・パスタ・大葉・海苔。

・ココット
茹で野菜たくさん入れた。洋風お好み焼きみたいな感じ。
さっと湯通ししたキャベツと人参・柔らかくゆでたじゃが芋・小さく切ったソーセージを
マーガリンをぬったグラタン皿に入れ、卵2個と牛乳120cc、塩コショウ、小麦粉小1を
混ぜ合わせたものを注いでマヨネーズを少しかけ、パン粉をふってオーブンで焼く。

・ゆで豆腐のサラダ
豆腐に手をちょっと加えるのでつるんとして食べやすい。
キンキンに冷やして食べるのがおいしい。
水切りした豆腐に片栗粉をまぶして片栗粉が透明になるまで茹で、すぐ冷水にとる。
茹でた小松菜の上に豆腐・スライスした玉葱・レンジでカリカリにしたじゃこをのせる。
醤油・酢・オリーブオイル・ゴマ油・すりゴマ少量ずつを混ぜたドレッシングをかける。
[PR]
by paapfunky | 2005-02-22 21:05 |